たいちのつぶやき

たいちのつぶやき

腰痛予防ストレッチ?

  • カテゴリー: 腰痛

今朝は冷え込みましたね。

昼間と夜の寒暖差には注意し体調にはお気を付けてください。

 

 

さて、腰痛予防ストレッチの続きを紹介します。

今回は子供の腰痛で多い「反り腰」タイプの方に行って頂きたい内容です。

まず反り腰とは

右側のイラストが反り腰になっており骨盤が前傾し腰椎が前弯した状態の事を言います。

このような場合は腰部や大腿部前面の筋肉が硬くなって、更に腹筋や殿筋の筋肉が弱くなっている事が多いです。

 

とういう事でまずは大腿部前面のストレッチです。

最初に体を丸くします。

伸ばさない方の膝(写真では右膝)を掴みます。

伸ばしたい方の足首(写真では左足首)を掴み大腿部を伸ばしていきます。

ストレッチ感がでたところで止めて30秒×3セット行って下さい。

 

次に股関節の前側の筋肉(腸腰筋)のストレッチです。

私の写真ですいません。

伸ばしたい方の膝(写真では左膝)を床につけます。床が固い場合はタオルや座布団を敷くと膝が痛くありません。

逆の足を着いたら体をまっすぐにしたまま前方へ移動します。

股関節の前側にストレッチ感が出たところで30秒×3セット行って下さい。

 

次は反り腰タイプの原因になる事が多い、腹筋が弱くなっている方に行っていただくクランチ(腹筋運動)を紹介します。

両膝を立てて足を固定すると腰を痛めやすくなるので足は固定しません。

両手を頭の後ろで組み、体を起こしていきます。

体は写真より少し上ぐらいまで起こし、膝まで起こさなくても大丈夫です。

これを腹筋が笑うぐらい全力で10回×3セット行って下さい。

 

 

腰痛予防ストレッチや腹筋運動をごく一部紹介してきましたが、他にもストレッチ方法は沢山あるのでまた紹介していきたいと思います。

詳細はこちら

第二駐車場あります。

第二駐車場の紹介をしていなかったのでブログに載せる事にしました。

 

接骨院を東方面に50メートルに行くだけで着きます。

 

接骨院を出たら右(テラスウォーク方面)に行きます。

 

そのまま50メートルほど直進します。

 

直進したらポストの目の前の駐車場になります。

 

10番、11番を前向き駐車で停めてください。

 

 

少し距離がありますが、こちらの方が出入りがしやすいのでオススメです。

 

では、ご来院お待ちしております。

 

詳細はこちら

腰痛予防ストレッチ

  • カテゴリー: 腰痛

ブログを見ていただきありがとうございます。

院長の中村太一です。

 

今日はあいにくの雨で少し肌寒いですね。明日以降はまた気温が上がるそうなので体調管理にはお気を付けください。

 

 

前回のブログでは前屈動作の写真を出し、改善されているのを見てもらえたと思います。

今回からはストレッチ方法を数回に分けて掲載していきます。

 

 

まずは腰がまっすぐタイプに効果的なストレッチ方法です。

腰がまっすぐな人は殿筋(お尻の筋肉)やハムストリングス(もも裏の筋肉)の柔軟性が低下している可能性があり、その筋肉を伸ばします。

これはハムストリングスのストレッチです。

階段や段差に(なければ地面でもできます)足を乗せて膝を伸ばしながら体を前に倒していきます。

この時に腰が丸くなってしまうと効き目が少なくなるので必ず腰を伸ばした状態で体を前に倒します。

少しストレッチ感がある所で30秒×3セットを目安に行って下さい。

これだけでも腰が軽くなる事もあります。

 

次に臀部のストレッチです。

伸ばす方の足を逆の曲げた膝の上にのせて4の字を作ります。

そのまま4の字の足と体を近づけると臀部にストレッチ感が出てきます。

このストレッチも腰が丸くならないように腰を伸ばします。

30秒×3セットを目安に行って下さい。

 

おまけにジャックナイフストレッチというストレッチ方法も掲載します。

このストレッチは腰痛治療の名医である西良浩一先生と言う方が考案されたストレッチです。

まずしゃがみ込んだ状態になり両手で踵を掴みます。

 

そのまま胸を太ももにつけ、そのまま胸が離れないように膝を伸ばしていきます。

ストレッチ感がでたらそこで止めて10秒間キープします。

これを5セット程度行って下さい。

これは反射を利用したストレッチで凄く柔軟性が増します。

ぜひ、大人の方もお試しください。

 

臀部とハムストリングスのストレッチの一部を紹介させていただきました。

当院では患者様の症状に合わせて他の方法でもストレッチをしていただいてます。

気になる方はお問い合わせください。

 

次回はももの前側のストレッチを紹介したいと思います。

 

詳細はこちら

小中学生の腰痛

  • カテゴリー: 腰痛

こんにちは!

院長の中村太一です。

 

今日も天気が良くクロスバイクで走りに行きたい気分ですが今日はお預けです((+_+))

 

さて、最近小中学生が腰痛で来院する子が多くその子たちをよく観察していくと体が硬い!

 

部活やクラブチームでスポーツをして痛める事がほとんどで、話を聞いていくとほとんどのチームではクールダウンの時にストレッチを行っていませんでした。

 

私も小中高と野球をやっていましたが、今思えばストレッチはあまり行ってなかった

です・・・

 

そんな硬い筋を柔軟性のある筋にする為にたいち接骨院では自宅で出来るセルフストレッチを覚えてもらい自宅でもストレッチを行ってもらいます。

 

今回はストレッチを行ったビフォーアフターの写真を載せます。

初回来院時の時の写真を撮り忘れてしまいましたが、初回では指もつかない状態でした。

この写真は二回目来院時のストレッチ前の写真で指が少しついてます。

 

ストレッチ後の写真です。

指全体までつくようになりました。

写真を見比べると股関節の屈曲角度も増えてます。

 

ストレッチを行っただけでもこれだけ変化がでます。

今回行ったストレッチの内容は次回に紹介する事にします。

 

では、皆様よい日曜日を過ごしてください。

 

 

詳細はこちら

ブログ始めました。

ブログを始めたので試験がてら初投稿します。

 

今日は体育の日で天気も良かったので最近知った木曽川沿いのサイクリングロードをクロスバイクで走ってきました。

http://kisosansenkoen.jp/~tower138/m138event_cycling.html

138タワーからすいとぴあ江南まで往復約15キロの道のりを走ってきたわけですが、

普段この距離を走った事がなかったので大腿部はパンパンになってしまいました。

これはギアが重く負荷が強かった為に乳酸が溜まり疲労感が出たものと思われます。

次回走る時はもう少し距離を伸ばしたいので疲労が出ないように考えて走ってみます。

 

とにかく今日は風が爽やかで走っていてもとても気持ち良かったのでまた行きたいと思います。

どなたかツーリングをしてくださる方がいましたら声をかけてくださいね。

詳細はこちら

ページトップへ戻る