コロナウイルス対策を強化します。

4月10日に愛知県でも独自の非常事態宣言が発令されました。

 

当院は準医療行為の施術院ですので発令後も痛みや体の不調をきたしている方、急患の方の対応の為、診療を続けていきます。

 

今まで以上に対策を強化していきます。

 

 

●スタッフは出勤前に検温を実施し37.2℃以上の発熱や風邪等の症状が認められる場合には出勤停止といたします。

 

●スタッフ一同、マスクの着用及び手洗い・うがい・手指のアルコール消毒を徹底しております。

 

●施術の後は必ず手指のアルコール消毒を行い、常に清潔を保つよう心がけております。

 

●施術の後のベッドや枕はその都度、次亜塩素酸水による消毒を行っております。

 

●患者様やスタッフが手を触れる箇所(待合室、受付、ドアノブ、スリッパ、荷物入れのカゴ)は小まめに次亜塩素酸水による消毒を行っております。

 

●定期的に窓を開け、院内の換気を十分に行っております。

 

●予約の間隔を空けて院内の人数を制限します。

※「次亜塩素酸水」は、厚生労働省や農林水産大臣が安全性と殺菌効果を認める水溶液です。

 

 <患者様へのお願い>

 

●来院時はマスク着用をお願い致します。

 

●37.2℃以上の発熱や咳や味覚嗅覚異常のある場合、ご来院を控えていただきますことを予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

●入口にアルコール消毒液や次亜塩素酸水を設置しております。アレルギーや手荒れのご心配がない方は、入室の前後には手指の消毒にご協力くださいますようお願い申し上げます。

 

 

窮屈な生活が続きますが、もうしばらく頑張っていきましょう!!

 

詳細はこちら

ベビーベッド設置しました!

皆さんこんにちは。一宮市にあるたいち接骨院です。

 

 

昨日の日曜休みを利用してベビーベッドを設置いたしました。

お子様連れの方も安心してお越しいただけるように

おむつやお湯の出るウォーターサーバーの用意もございますので少しでも荷物を減らしてご来院ください。

 

 

息子も喜んでいます。

 

 

前のブログでも載せましたがバウンサーも用意しております。

http://www.taichi-sekkotsuin.com/blog/20170127001.html

 

では、気をつけてお越しください。

詳細はこちら

2月11日(祝)は午前のみ受付致します。

皆さんこんにちは。

ついこの間年が明けたと思ったらもう2月ですね。

 

 

2月は11日が祝日となっておりますが午前のみ受付致します。

土曜日なのでサラリーマンの方は損した気分になってしまいますね。

 

お困りの方は一宮市にあるたいち接骨院へご相談下さい。

 

詳細はこちら

赤ちゃんと来院していただいても大丈夫ですよ。

寒い日が続いておりますが、体調は崩していないでしょうか?

インフルエンザも流行っているそうなので皆様もお気をつけてください。

 

 

さて当院では骨盤ケアも行っておりますのでお子様を連れてきていただいても良いようにバウンサー等をご用意しておりますので、

小さいお子様がいて来院出来なかった方もご一緒に来院していただいても大丈夫です。

 

 

上にいる息子もお出迎えさせていただいております。

 

一宮市で肩こり、腰痛、スポーツ障害のケア、予防から治療、
までできるたいち接骨院・整体院へ

詳細はこちら

第二駐車場あります。

第二駐車場の紹介をしていなかったのでブログに載せる事にしました。

 

接骨院を東方面に50メートルに行くだけで着きます。

 

接骨院を出たら右(テラスウォーク方面)に行きます。

 

そのまま50メートルほど直進します。

 

直進したらポストの目の前の駐車場になります。

 

10番、11番を前向き駐車で停めてください。

 

 

少し距離がありますが、こちらの方が出入りがしやすいのでオススメです。

 

では、ご来院お待ちしております。

 

詳細はこちら

ブログ始めました。

ブログを始めたので試験がてら初投稿します。

 

今日は体育の日で天気も良かったので最近知った木曽川沿いのサイクリングロードをクロスバイクで走ってきました。

http://kisosansenkoen.jp/~tower138/m138event_cycling.html

138タワーからすいとぴあ江南まで往復約15キロの道のりを走ってきたわけですが、

普段この距離を走った事がなかったので大腿部はパンパンになってしまいました。

これはギアが重く負荷が強かった為に乳酸が溜まり疲労感が出たものと思われます。

次回走る時はもう少し距離を伸ばしたいので疲労が出ないように考えて走ってみます。

 

とにかく今日は風が爽やかで走っていてもとても気持ち良かったのでまた行きたいと思います。

どなたかツーリングをしてくださる方がいましたら声をかけてくださいね。

詳細はこちら

野球

野球肘になる前に

こんにちは!

たいち接骨院、院長のたいちです。

 

 

もう6月も終わってしまい昨日から7月ですね。

6月が終わったという事は半年も終わってしまった事になります。

時間が過ぎるのが早くていやになってしまいます...

 

 

 

ここ最近はジメジメムシムシで過ごしにくく体調が悪くなったり、

身体の不調を訴える方が多いいですが、

皆さまは大丈夫でしょうか?

エアコンなども活用して乗り切っていきましょう!

 

 

 

 

さて、最近は小中学生のケガで来院する子が増えています。

 

 

この子は野球をやっていて肘を痛めて来院しました。

検査をすると内側の圧痛があり、

肘が伸びていませんでした。

(写真では右腕の肘が伸びていません)

 

こういった症状が出るのは投げすぎか投球フォームが悪くなり肘周辺の筋肉を使いすぎてしまい痛みや肘が伸びない状態になります。

 

 

 

今回は上腕二頭筋や前腕部の筋の張りが強くて肘が伸びていなかったので、

この筋を緩めると肘が伸びてきたので安心しました。

 

この症状が強いと肘の内側の骨が剥がれてしまっていたりする事もあるので、

当院では早めに整形外科を受診していただきます。

 

 

 

次に硬くなってしまった筋を緩めるセルフストレッチを今回は紹介します。

前腕部のストレッチ二種類です。

(各30秒×3セット)

 

野球の投球動作ではこの筋肉が硬くなる事が多いので

野球をやっているお子さんから大人まで皆さんやっていただきたいですね。

 

 

 

 

当院ではケガ予防の為にお子さんの体のボディチェックも行っておりますので、

ご希望の方は電話やLINEでお問い合わせくださいね。

 

 

では!

詳細はこちら

投球フォーム

今回は動画添付を試みました。

 

YouTubeにアップロードも以外と簡単にできるんですね。

 

皆さんもYouTubeにアップロードしてみてはどうでしょうか?

 

 

 

さて、岩倉市からトレーニングで来院されている野球選手です。

 

投球フォームを見たらインステップになっており体が左に流れてしまっていました。

 

このままでは肩や肘のケガにも繋がる可能性もあるので修正していきます。

 

修正方法としては、まず左の股関節を調整しワインドアップ時の重心をつま先よりになっていたのを踵よりにしてもらう事で改善がみられました。

                                                                                                 

(ipadのカメラのスローモードで撮ってます)

 

①が修正前、②が修正後です。

 

踏み込む位置が変わっているのが分かりますでしょうか?

 

他にもテイクバックなどで修正した方がいい所がありますが、

 

これは肩関節や肩甲骨の可動域の固さも影響しているので、

 

ストレッチなどを加えながら改善していきたいと思います。

 

 

 

たいち接骨院ではトレーニング指導もしておりますので、

 

トレーニングに関する事など何でもご相談下さい。

詳細はこちら

足首の捻挫

足首の捻挫のリハビリにはこれが出来ないと話になりません!

こんにちは!

               

 

久しぶりのブログ更新です。

最近の気候は気温差が激しくて体調を崩されている方が多いので

皆さんも体調管理にお気を付けください。

 

 

 

 

さて、今回は足首の捻挫についてです。

 

 

先日から足首の捻挫が強めの方が来られています。

 

 

話を聞いていくと

過去に何度も足首を捻っているとのこと

なのにまともなリハビリはしていなかったようで

今回も捻ってしまいました。

 

 

とりあえず痛みや腫れがあったので数日は痛みが引く治療に

専念してもらい、痛みが引いてきたところで

エクササイズを行っていくことにしました。

 

 

まず、当院では捻挫をした方には片足立ちとつま先立ちを見て

いわゆる「捻挫癖」が無いか見ています。

 

 

この方を見てみると、痛めた方の足で片足になってもらうと

グラグラでまともに立っていられません。

足首の可動域も悪かったので距骨とういう骨を調節すると

可動域も良くなり、片足でも立てるようになりました。

 

 

 

 

こうなれば後は他のエクササイズをひたすらやっていくだけです。

 

 

この方はスポーツをやっておられて

来月の頭に試合があるとのことなので

その試合に間に合うように僕も全力でお手伝いをさせていただきます。

 

 

 

とういう事で題名の「これ」とは片足立ちの事でした。

 

 

足首の捻挫にはリハビリが凄く重要なので

安易に考えずにしっかりと治していただくことを

全力でおすすめ致します。

 

 

ではまた!

詳細はこちら

おすすめ本

おすすめ本のご紹介

こんにちは!

 

 

久しぶりの投稿になります。

 

 

 

今回は書籍のご紹介です。

 

どん!

「野球の医学の教科書」です。

 

 

 

著者の馬見塚先生はスポーツドクターで野球とスポーツ障害を専門とされている、

整形外科医です。

 

 

 

コーチングや基本的な野球の障害の説明などが載っていて、

最近良く聞くパワハラの事についても少し書かれています。

 

 

 

野球障害での内容は簡単なセルフチェックも書かれているので

指導者の方が覚えていただき、

異常があれば医療機関への受診を促し

障害の早期発見が出来るといいなと僕も思います。

 

 

 

他にも成長や栄養についても少し書かれていました。

 

 

 

この本は野球指導者の方には是非とも読んでいただきたいと思っており

当院にも置いてありますのでぜひ読んでみて下さい。

詳細はこちら

患者様の声

患者様の声

 

 

 

①どのような症状で来院されましたか?

 肩の痛み、坐った時にひざの痛み、長い間坐っていたため左のお尻が痛くなりました。

 

②施術を受けられて症状に変化はありましたか?

 おしりはすっかり良くなりました。

 肩とひざもだいぶ良くなり親切な治療に感謝して月2回を目標に全身のケア―をお願いしています。

 

 

 

 

この方は左の臀部は神経痛の症状が出ておりましたが、臀部の筋の癒着を剥がすことで

症状は改善され、肩の痛みやひざの痛みも筋の癒着を剥がす事で改善されていきました。

詳細はこちら

腰痛

腰痛で来院される方が増えています!

 

 

こんにちは!

 

ここ最近、寒くなってきまして体調を崩す方が多く

インフルエンザも流行っているというニュースもありますので

みなさんお気を付けください。

 

 

当院ではこの時期になると

毎年、腰痛の方が増えます。

しかもギックリ腰になって来院される方が多いです。

 

年末になり忙しくて体への負担が増えたり

気温が低くなり筋緊張が増えたり

などなど様々な理由だと思われます。

 

当院ではギックリ腰で来院された方にはなるべく患部は触らず

熱感がある場合はアイシングで冷やし、

筋肉の緊張が強い場合はラジオ波治療器で温めたり

背中が原因の場合は背中を

お尻の筋肉が原因の場合はお尻を緩めたり、

トレーニングを行い

骨盤の歪みを改善させて

患者様の状態に合わせて治療内容を変えております。

 

 

ご自身で出来る予防は色々ありますが

まず、お風呂はシャワーだけで済まさずにしっかりと浸かるといいです。

しっかりと浸かる事で血流が良くなり疲労物質を流したり

お湯の浮力で筋肉がリラックスし筋緊張が取れやすくなる

という効果があるのでぜひお風呂に浸かりましょう!

 

もう一つは何度も説明していますが、ストレッチがやはり重要になります。

ストレッチ方法は過去のブログを参考にして下さい。

http://www.taichi-sekkotsuin.com/blog/20161025001.html

 

 

 

普段から予防をしておけば

ある程度は防げますのでこれらを是非行って下さい。

 

ストレッチが分からない場合は

一度ご来院下さい。

保険適応外にはなりますが

しっかりとお教え致します。

 

 

では!

詳細はこちら

あなたは背中を反れていますか??

最近、5ヶ月になる息子が寝返りをするようになりました。

寝返りをするとうつ伏せになりますが、赤ちゃんの頃は非常に柔らかく簡単に体をそらせます。

大人になるにつれてストレスや仕事の疲労が溜まり固くなっていくので肩こり、腰痛予防のためにも柔らかくしていきましょう。

 

 

写真は息子です。

 

 

このポーズをパピーポジションといいます。

簡単にやっていますね。

このポーズが出来ないと背骨の可動域が狭い為に背中が丸くなり猫背や肩こり、腰痛になりやすくなります。

 

 

では、やり方ですが、

①まず、うつ伏せになります

②肘をついて体を反らす

③お腹は浮かないようにする

④1回1分行い、それを1日2セット行う

 

 

これで、肩こりや腰痛も改善するかもしれないので一度お試しください。

詳細はこちら

子供の腰痛

前のブログでも話をさせていただきましたが、

子供(10才〜14才)の腰痛がホントに多いです。

 

なかでも背骨の腰の部分の疲労骨折や分離症といった治りにくい腰痛になっている子が多く10代前半では成長過程でもあり、

しっかり骨が出来上がっていない為に骨が弱く、

スポーツで腰を捻ねったり反ったりを繰り返す動作によって腰椎(腰骨)に過剰に負担がかかります。

 

 

図の様に伸展ストレスや回旋ストレスにより骨に亀裂が入ってきます。

 

亀裂が入ると痛みの信号が筋肉にまで伝わり筋緊張が強くなる事によって痛みが出てきます。

 

 

下のような症状がある場合は疲労骨折や分離症を疑います。

・体を前屈したり反ったりすると痛い

・ダッシュ動作やジャンプ動作の時に痛みが出る

・腰椎(腰骨)の骨が出ている所を上から押すと痛い

・椅子や地面に座っている時に痛みが出る

 

 

上の写真の左側の超早期と初期に見つけることが出来れば骨の癒合が期待できますが、

右側の進行期だと癒合が難しくなり終末期にまでいくと骨が離れたまま硬化し癒合出来なくなります。

 

 

この様な状態にならない為にもお子様が腰痛を訴えていたらすぐに来院していただく事をおすすめします。

当院では筋緊張が強い部分にラジオ波治療器を当てて緊張緩和を促す事により痛みは取れますが練習を行うとまた痛みが出て来るので、原因となっている下肢の筋緊張や体幹部の機能低下を改善させるストレッチやエクササイズを行っていただくことで練習をしても痛みのない状態になっていきます。

 

来院時に症状を見させていただいて、疲労骨折や分離症の疑いがあれば専門の医療機関へご紹介させていただきます。

 

 

予防としては前のブログに載せてあるストレッチを参考にして下さい。

http://www.taichi-sekkotsuin.com/blog/20161025001.html

http://www.taichi-sekkotsuin.com/blog/20161110001.html

 
愛知県一宮市で肩こり、腰痛、スポーツ障害のケア、予防から治療、
交通事故治療までできるたいち接骨院・整体院へ

 

 

詳細はこちら

膝の痛みにはこれっ!!

最近めっきり寒くなり体調を崩す方が多いので、体調管理には十分気をつけてくださいね。

 

 

さて、一宮市在住の方が3年ぐらい前からの膝の痛みで来院されました。

 

しゃがみ込んだり野球のプレーをしたりすると痛みが出ており、動作不良や筋力低下も見らるので、まずは痛みや筋緊張の緩和を目的としてラジオスティム(ラジオ波治療器)や手技を行い、二回の治療で痛みはかなり軽減しました。

 

痛みが軽減してきたら正しい膝関節の動きを覚えていただく為にリアライン・バランスシューズというデバイスを使いトレーニングをしていきます。

 

このバランスシューズを履いてスクワットなどのエクササイズを行なっていくと、膝や足の捻じれを矯正しながら膝をまっすぐに曲げる動作を覚えることができ膝痛予防にもなったりパフォーマンスアップにも繋がります。

 

 

膝を曲げると痛い、スポーツをすると膝が痛いという方はたいち接骨院にご相談下さい。

詳細はこちら

腰痛予防ストレッチ?

今朝は冷え込みましたね。

昼間と夜の寒暖差には注意し体調にはお気を付けてください。

 

 

さて、腰痛予防ストレッチの続きを紹介します。

今回は子供の腰痛で多い「反り腰」タイプの方に行って頂きたい内容です。

まず反り腰とは

右側のイラストが反り腰になっており骨盤が前傾し腰椎が前弯した状態の事を言います。

このような場合は腰部や大腿部前面の筋肉が硬くなって、更に腹筋や殿筋の筋肉が弱くなっている事が多いです。

 

とういう事でまずは大腿部前面のストレッチです。

最初に体を丸くします。

伸ばさない方の膝(写真では右膝)を掴みます。

伸ばしたい方の足首(写真では左足首)を掴み大腿部を伸ばしていきます。

ストレッチ感がでたところで止めて30秒×3セット行って下さい。

 

次に股関節の前側の筋肉(腸腰筋)のストレッチです。

私の写真ですいません。

伸ばしたい方の膝(写真では左膝)を床につけます。床が固い場合はタオルや座布団を敷くと膝が痛くありません。

逆の足を着いたら体をまっすぐにしたまま前方へ移動します。

股関節の前側にストレッチ感が出たところで30秒×3セット行って下さい。

 

次は反り腰タイプの原因になる事が多い、腹筋が弱くなっている方に行っていただくクランチ(腹筋運動)を紹介します。

両膝を立てて足を固定すると腰を痛めやすくなるので足は固定しません。

両手を頭の後ろで組み、体を起こしていきます。

体は写真より少し上ぐらいまで起こし、膝まで起こさなくても大丈夫です。

これを腹筋が笑うぐらい全力で10回×3セット行って下さい。

 

 

腰痛予防ストレッチや腹筋運動をごく一部紹介してきましたが、他にもストレッチ方法は沢山あるのでまた紹介していきたいと思います。

詳細はこちら

腰痛予防ストレッチ

ブログを見ていただきありがとうございます。

院長の中村太一です。

 

今日はあいにくの雨で少し肌寒いですね。明日以降はまた気温が上がるそうなので体調管理にはお気を付けください。

 

 

前回のブログでは前屈動作の写真を出し、改善されているのを見てもらえたと思います。

今回からはストレッチ方法を数回に分けて掲載していきます。

 

 

まずは腰がまっすぐタイプに効果的なストレッチ方法です。

腰がまっすぐな人は殿筋(お尻の筋肉)やハムストリングス(もも裏の筋肉)の柔軟性が低下している可能性があり、その筋肉を伸ばします。

これはハムストリングスのストレッチです。

階段や段差に(なければ地面でもできます)足を乗せて膝を伸ばしながら体を前に倒していきます。

この時に腰が丸くなってしまうと効き目が少なくなるので必ず腰を伸ばした状態で体を前に倒します。

少しストレッチ感がある所で30秒×3セットを目安に行って下さい。

これだけでも腰が軽くなる事もあります。

 

次に臀部のストレッチです。

伸ばす方の足を逆の曲げた膝の上にのせて4の字を作ります。

そのまま4の字の足と体を近づけると臀部にストレッチ感が出てきます。

このストレッチも腰が丸くならないように腰を伸ばします。

30秒×3セットを目安に行って下さい。

 

おまけにジャックナイフストレッチというストレッチ方法も掲載します。

このストレッチは腰痛治療の名医である西良浩一先生と言う方が考案されたストレッチです。

まずしゃがみ込んだ状態になり両手で踵を掴みます。

 

そのまま胸を太ももにつけ、そのまま胸が離れないように膝を伸ばしていきます。

ストレッチ感がでたらそこで止めて10秒間キープします。

これを5セット程度行って下さい。

これは反射を利用したストレッチで凄く柔軟性が増します。

ぜひ、大人の方もお試しください。

 

臀部とハムストリングスのストレッチの一部を紹介させていただきました。

当院では患者様の症状に合わせて他の方法でもストレッチをしていただいてます。

気になる方はお問い合わせください。

 

次回はももの前側のストレッチを紹介したいと思います。

 

詳細はこちら

小中学生の腰痛

こんにちは!

院長の中村太一です。

 

今日も天気が良くクロスバイクで走りに行きたい気分ですが今日はお預けです((+_+))

 

さて、最近小中学生が腰痛で来院する子が多くその子たちをよく観察していくと体が硬い!

 

部活やクラブチームでスポーツをして痛める事がほとんどで、話を聞いていくとほとんどのチームではクールダウンの時にストレッチを行っていませんでした。

 

私も小中高と野球をやっていましたが、今思えばストレッチはあまり行ってなかった

です・・・

 

そんな硬い筋を柔軟性のある筋にする為にたいち接骨院では自宅で出来るセルフストレッチを覚えてもらい自宅でもストレッチを行ってもらいます。

 

今回はストレッチを行ったビフォーアフターの写真を載せます。

初回来院時の時の写真を撮り忘れてしまいましたが、初回では指もつかない状態でした。

この写真は二回目来院時のストレッチ前の写真で指が少しついてます。

 

ストレッチ後の写真です。

指全体までつくようになりました。

写真を見比べると股関節の屈曲角度も増えてます。

 

ストレッチを行っただけでもこれだけ変化がでます。

今回行ったストレッチの内容は次回に紹介する事にします。

 

では、皆様よい日曜日を過ごしてください。

 

 

詳細はこちら

インソール

かかとの痛みにもインソールがおすすめ

みなさんこんにちは!

暖かい日が続いており過ごしやすい気候ですが、

来週からは寒くなるそうなので、

暖房器具や暖かい服も押入れから出した方がいいですよ。

体調管理にもお気を付けください。

 

 

 

さて、今回はかかとの痛みが出ている患者様のはなしです。

 

 

先月からかかとの痛みを訴えて来院された方がいます

 

 

話を聞いていくと、半年前から痛みがあり

他の医療機関に数軒通ったそうですが

痛みが引かない為に当院へ来院されました。

 

 

まずは痛みのある足を見ていくと

外反母趾、扁平足、開帳足、回内足(かかとが内側に傾いている)と

地面の衝撃を吸収できない状態になっており

かかとに痛みが出そうな要素が沢山あります。

 

 

他にはお尻の筋肉が弱い為に

大腿部も内側に捻じれてしまい

大腿部の捻じれ(X脚)が扁平足を助長していたり

他にはふくらはぎの硬さもあり

かかとの骨を引っ張ってしまっています。

 

 

今回の治療はまず患部の痛みを減らす為に

電気治療と超音波治療を使って対処療法を行いますが

患部だけ治療を行っても

原因となっている足の状態が変わらなければ

また痛みが出てしまうので

外反母趾、扁平足、開帳足、回内足の改善目的で

足部の指を使えるように指のエクササイズを行いました。

 

 

同時にお尻の筋肉のエクササイズを行い

扁平足の改善を促します。

さらにはかかとの骨を引っ張ってしまっている

ふくらはぎのストレッチも行って頂きました。

ストレッチ方法はこちら

http://www.taichi-sekkotsuin.com/blog/20181025001.html

 

これを行っていくと三週間ほどで痛みがかなり減り

さらにエクササイズで足の状態を良くし

その良い状態を維持する目的で

当院でもおすすめしている

オーダーメイドのインソールを作成し

靴に入れていただいたら、

今では痛みはほとんど無くなりました。

本当に良かったです。

 

 

インソールを作成するためにまずは型をとります。

これを見ても足趾が浮いていて外反母趾や

扁平足などなど色々見えてきます

 

インソール完成写真

 

 

当院のオーダーメイドインソールは

「NASYU」という装具屋さんに作成を依頼しております。

 

 

こちらのインソールは足のセンサーを刺激して

足の指を本来の機能へ促してくれる優れモノで

本来の機能が使えれば当然足のトラブルも減りますので

大変おすすめしております。

 

 

 

足や膝の痛みのトラブルがあり

インソールを検討している方は

一度ご相談ください。

 

 

たいち接骨院

愛知県一宮市浜町4-18-1 プチメゾンK 1F

0586-85-8513

http://www.taichi-sekkotsuin.com/contact/

詳細はこちら

スノーボード用のインソールを作成していただきました。

こんにちは!

 

 

 

大寒波襲来で大変寒い日が続いておりますが、

 

体調は崩されていないでしょうか?

 

私は少し風邪気味になってしまいまして、

 

もう少し自己管理をしないといけないと反省しております。

 

来週は暖かくなるそうなので、寒暖差にもお気を付けください。

 

 

 

 

 

さて、今年はスキー場の雪も豊富で僕はスノーボードをするので、

 

今すぐにでもスキー場に行きたいのですが別の用事が入ってしまっているので行けません。

 

悲しいー

 

 

 

 

僕の話は置いておいて、最近スノーボードをしている小学生の子のボードブーツ

 

に入れるインソールの作成依頼があったのでオーダーメイドで作成させていただきました。

 

 

 

スノーボードブーツ用のインソールはスポーツシューズに入れる物とは少し違い、

 

インソールの底面に補強材を貼り硬くなるように仕上げます。

 

 

 

理由としては水分の多い環境に足を入れるとインソールが沿ってしまい

 

インソールの機能を果たせ無くなるんるのを防ぐのと、

 

裏面は通常丸くしますがエッジの効きをよくする為に角を残してあります。

 

 

(通常のインソールの裏面)

(スノーボード、スキーブーツ用インソールの裏面)

 

 

 

 

とういう事で当院のオーダーメイドインソールは

 

スノーボードやスキーブーツにも対応しておりますので

 

シーズン真っ只中の今っ!に作成を検討してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら

セミナー

立甲を学んできました。

こんばんは。

 

久しぶりの投稿です。

 

 

昨日は関市にある

 

たかふじ接骨院の高藤先生に

 

「立甲」を教えていただきに行ってきました。

 

皆さんは「立甲」という言葉をご存知でしょうか?

 

最近はプロスポーツ選手でも

 

この動きをしているのをテレビでも良くみるようになり、

 

すごく話題になっています。

 

実際に「立甲」とはなんぞやと言うとこれです

 

 

これは高藤先生の「立甲」ですが、字の通り肩甲骨が立ってます。

 

写真では見た事はあったのですが、生でみるのは初めてで

 

凄く衝撃的でした。

 

ちなみに僕の「立甲」はこんな感じ…

 

 

ショボショボですね。

 

この「立甲」ですが、何がいいのかと言うと

 

高藤先生の「立甲」を見ていただくと

 

肩甲骨と上腕が一直線に近い状態になってます。

 

いわゆるゼロポジションです。

 

このゼロポジションを獲得すると

 

関節や筋肉に負担がかかりにくくなったり

 

パフォーマンスアップにもつながります。

 

実際に高藤先生と色々な力勝負をしましたが、

 

先生は脱力しているのに全く歯が立ちませんでした。

 

悔しいので練習して必ず

 

肩甲骨を立たせて見せます。

 

誓います

 

では!

詳細はこちら

NSCAセミナーに参加してきました。

こんにちは!

院長のたいちです。

 

 

昨日は東海医療科学専門学校にてセミナーがありましたので参加して参りました。

 

 

6時間ある中の前半はオリックスバファローズの管理栄養士の河南先生による

「管理栄養士が見たプロ野球の世界」という題目で講義を受けました。

 

 

 

プロ野球球団には管理栄養士が入るものだと思っておりましたが、全球団いるわけではなくて中日ドラゴンズにはいないそうです。

ドラゴンズファンの僕にとってはドラゴンズにも管理栄養士さんを付けてもらいたいと強く思います。

 

 

あまり栄養の勉強会に参加することがないのでとても新鮮な内容でとても勉強になりました。

 

 

 

 

午後からはジュニアスポーツのスペシャリストの小俣よしのぶ先生の貴重な話が聞けました。

小俣先生は東ドイツやキューバなどのスポーツトレーニングシステムを研究されておりジュニアユースからトップ選手までの適正選抜システムなどを専門とされている人物です。

 

 

 

これまた、日本の常識では考えられないような内容の連続で特にゴーデンエイジ理論についての話に驚かされました。内容についてはここではお話出来ないので院内にてお話させていただきますね。

 

 

 

帰りにゲートタワーにクリスマスツリーが立てられていたので思わずパシャとしてしまいました。

 

 

 

では!!

詳細はこちら

ジュニア期の運動についてのセミナーに参加してきました。

こんにちは、院長の太一です。

 

 

今日は気温も下がり寒くなっておりますがセミナーがあった為に栄にある「buio」さんまで行ってきました。

 

 

先月も投球のセミナーで講師をしていただいた鈴木トレーナーがジュニアの体操教室も行っており、今回は「ジュニア期の運動能力向上を目的とした実践プログラム」という内容で講師をしてくださいました。

 

 

内容では実技も含まれており脳を使いながら運動動作をいれていくのですが(例えば連続ジャンプで足を開いたり閉じたりしながら上肢は違う動作を行う)、恥ずかしながら僕にも出来ないものがいくつも含まれており、いつかは体操教室を開きたいと妄想を働かせている僕なのでその時のために練習をしておかないといけませんね!

 

 

鈴木トレーナーのセミナーは二回とも面白い内容だったので、また参加したいと思います。

 

 

 

 

 

 

帰りには小腹が空いたので一宮市の本町にある「すぐれ」というラーメン屋に行って来ました。

 

 

ラーメンが好きすぎて今回は二種類のラーメンを一人で食べてしまいました。

 

 

 

 

濃厚つけ麺と

 

 

鶏そばです。

 

 

どのラーメンも美味しいのでぜひ食べてみてください。

 

 

では!

詳細はこちら

水素療法

膝の痛みにも水素クリーム!

前々回のブログで水素ローションとクリームの紹介をしましたが、

今回は治療での使い方について紹介します。

http://www.taichi-sekkotsuin.com/blog/20170302001.html

 

 

膝の痛みで来院している方を観察していくとほとんどの方が膝が伸びきっていません。

 

 

右側のかかとが上がっていますよね。

これが膝が伸びてない状態になります。

膝が伸びていないと歩行の時に膝が不安定になり痛みが消えたとしてもまた痛みが必ず出てきます。

 

 

膝が伸びない原因は様々ですが膝裏の筋肉や筋膜(最近テレビでもよく出てくるあれです)の癒着で起こる事が多いです。

そこで写真右側の水素クリームの登場です。

 

 

これを膝裏に塗ってみます。

 

 

写真はクリームを塗っただけですが、右側のかかとが下がっているのが分かりますよね?

これは膝が伸びている事になります。

水素の力は凄いです。これで筋膜の癒着が剥がれて膝裏の筋肉が緩んで膝が伸びています。

これだけでも膝の痛みは改善されるのでセルフケアとして使っていただくと早く回復していきますよ!

 

 

 

次回は水素ローションを使って可動域改善を紹介したいと思います。

詳細はこちら

お知らせ

コロナウイルス対策を強化します。

4月10日に愛知県でも独自の非常事態宣言が発令されました。

 

当院は準医療行為の施術院ですので発令後も痛みや体の不調をきたしている方、急患の方の対応の為、診療を続けていきます。

 

今まで以上に対策を強化していきます。

 

 

●スタッフは出勤前に検温を実施し37.2℃以上の発熱や風邪等の症状が認められる場合には出勤停止といたします。

 

●スタッフ一同、マスクの着用及び手洗い・うがい・手指のアルコール消毒を徹底しております。

 

●施術の後は必ず手指のアルコール消毒を行い、常に清潔を保つよう心がけております。

 

●施術の後のベッドや枕はその都度、次亜塩素酸水による消毒を行っております。

 

●患者様やスタッフが手を触れる箇所(待合室、受付、ドアノブ、スリッパ、荷物入れのカゴ)は小まめに次亜塩素酸水による消毒を行っております。

 

●定期的に窓を開け、院内の換気を十分に行っております。

 

●予約の間隔を空けて院内の人数を制限します。

※「次亜塩素酸水」は、厚生労働省や農林水産大臣が安全性と殺菌効果を認める水溶液です。

 

 <患者様へのお願い>

 

●来院時はマスク着用をお願い致します。

 

●37.2℃以上の発熱や咳や味覚嗅覚異常のある場合、ご来院を控えていただきますことを予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

●入口にアルコール消毒液や次亜塩素酸水を設置しております。アレルギーや手荒れのご心配がない方は、入室の前後には手指の消毒にご協力くださいますようお願い申し上げます。

 

 

窮屈な生活が続きますが、もうしばらく頑張っていきましょう!!

 

詳細はこちら

ベビーベッド設置しました!

皆さんこんにちは。一宮市にあるたいち接骨院です。

 

 

昨日の日曜休みを利用してベビーベッドを設置いたしました。

お子様連れの方も安心してお越しいただけるように

おむつやお湯の出るウォーターサーバーの用意もございますので少しでも荷物を減らしてご来院ください。

 

 

息子も喜んでいます。

 

 

前のブログでも載せましたがバウンサーも用意しております。

http://www.taichi-sekkotsuin.com/blog/20170127001.html

 

では、気をつけてお越しください。

詳細はこちら

2月11日(祝)は午前のみ受付致します。

皆さんこんにちは。

ついこの間年が明けたと思ったらもう2月ですね。

 

 

2月は11日が祝日となっておりますが午前のみ受付致します。

土曜日なのでサラリーマンの方は損した気分になってしまいますね。

 

お困りの方は一宮市にあるたいち接骨院へご相談下さい。

 

詳細はこちら

赤ちゃんと来院していただいても大丈夫ですよ。

寒い日が続いておりますが、体調は崩していないでしょうか?

インフルエンザも流行っているそうなので皆様もお気をつけてください。

 

 

さて当院では骨盤ケアも行っておりますのでお子様を連れてきていただいても良いようにバウンサー等をご用意しておりますので、

小さいお子様がいて来院出来なかった方もご一緒に来院していただいても大丈夫です。

 

 

上にいる息子もお出迎えさせていただいております。

 

一宮市で肩こり、腰痛、スポーツ障害のケア、予防から治療、
までできるたいち接骨院・整体院へ

詳細はこちら

第二駐車場あります。

第二駐車場の紹介をしていなかったのでブログに載せる事にしました。

 

接骨院を東方面に50メートルに行くだけで着きます。

 

接骨院を出たら右(テラスウォーク方面)に行きます。

 

そのまま50メートルほど直進します。

 

直進したらポストの目の前の駐車場になります。

 

10番、11番を前向き駐車で停めてください。

 

 

少し距離がありますが、こちらの方が出入りがしやすいのでオススメです。

 

では、ご来院お待ちしております。

 

詳細はこちら

ブログ始めました。

ブログを始めたので試験がてら初投稿します。

 

今日は体育の日で天気も良かったので最近知った木曽川沿いのサイクリングロードをクロスバイクで走ってきました。

http://kisosansenkoen.jp/~tower138/m138event_cycling.html

138タワーからすいとぴあ江南まで往復約15キロの道のりを走ってきたわけですが、

普段この距離を走った事がなかったので大腿部はパンパンになってしまいました。

これはギアが重く負荷が強かった為に乳酸が溜まり疲労感が出たものと思われます。

次回走る時はもう少し距離を伸ばしたいので疲労が出ないように考えて走ってみます。

 

とにかく今日は風が爽やかで走っていてもとても気持ち良かったのでまた行きたいと思います。

どなたかツーリングをしてくださる方がいましたら声をかけてくださいね。

詳細はこちら