スポーツ障害

スポーツ選手に起こりやすい関節や筋肉の痛み

野球肘・野球肩・テニス肘・ランナー膝・ジャンパー膝・オスグッド病・シンスプリント・かかとの痛み…など


このような障害はスポーツマンだけでなく、日常生活で同じ動作を繰り返して体を部分的に酷使するような方(例:パソコンをよく使う、ハイヒールを履くなど)にも起こります。 感じる痛みが一時的な場合が多く、少し休むと痛みを感じなくなるためそのまま放置してしまい、それを繰り返していると症状が進行し、重症化してしまいます。

姿勢やフォームが崩れ間違った筋肉の使い方をしていると、体のあらゆる部位で負荷がかかり他の部位の障害にもつながります。 治療とあわせて普段どのようなフォームでトレーニングをしているかを確認しながら、フォーム改善をしていきます。

(また、症状によってはスポーツ整形専門医への紹介もさせて頂きます。)

野球肩・野球肘
早期発見のために定期受診をおすすめします。

野球肩や野球肘とは投球動作により発生した肩や肘の障害の総称です。
原因としては投球過多や投球フォーム動作不良などにより、骨、筋肉、靱帯、腱に繰り返しストレスが加わり損傷を受け、炎症を起こす事で痛みが発生します。

特に成長期では骨が柔らかく弱い部分に負担がかかり、肩では上腕骨上端部の成長軟骨への障害が起こるリトルリーガーズショルダー、肘では投球時に内側部に外反強制が加わり強いけん引ストレスにより損傷を受けます。
外側部では外反力が働き、上腕骨小頭に圧迫力と剪断力が加わり、上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎(OCD)が発生します。

🏥治療法

筋肉の緊張が強く可動域制限が出ている所にはラジオスティムでストレッチを行いながら温熱を加え可動域を広げていきます。 痛みがある所には超音波治療器を使い、損傷部位の組織の回復を早めます。運動療法ではセルフストレッチ指導やフォーム改善指導を行います。

オスグッド病

成長期に多く見られる「オスグッド病」は成長期のスポーツ障害の代表疾患で、膝のお皿の少し下あたりの骨の部分がポッコリと膨らみ痛みを伴う軟骨の炎症です。成長期の骨の急成長に筋肉や腱の成長が追い付かず、相対的に身体が硬くなる時期でもあるため大腿部や膝、すね回り、足首の筋肉の柔軟性が低下します。

それを契機に、サッカー・バスケット・テニス・バレーなどでダッシュやジャンプなど膝の屈伸動作が繰り返される事により、子どもたちの成長期でまだ柔らかい膝下の骨が筋肉に引っ張られることが原因で起こります。

🏥治療法

患部には物理療法で痛みを軽減し、その他に大腿四頭筋(大腿部の前側)の筋緊張が強い事が多い為、当院ではフォーム改善や正しいストレッチ法の指導を行い、ご自宅でもセルフケアを行っていただきます。また、ジャンプの着地動作やダッシュ動作などで大腿四頭筋優位の動きでケガが起こりやすくなるので、殿筋群やハムストリング(大腿部の後側)を優位に使える動きを習得していただく事でパフォーマンス向上やケガの再発予防につながります。

シンスプリント

シンスプリントと呼ばれるそのほとんどが下腿内側部(脛骨1/3下方の部分に多い)に痛みが発生する「脛骨過労性骨膜炎」を示しています。すねの内側を押さえると痛い、走ると痛い練習後に痛みが出る、休むと少し楽になるが練習するとすぐ痛みが出るといった症状がある場合はシンスプリントを疑います。我慢していると「疲労骨折」を起こす事もあり注意が必要です。

陸上の長短距離のランナーやバレー、バスケットボールなどジャンプやダッシュ繰り返すスポーツ選手に多く、原因としては悪いフォームでのランニング、硬い地面の上でのランニングやトレーニング、足趾や下腿部の筋力や柔軟性不足、扁平足や回内足などさまざまです。

🏥治療法

患部にはラジオスティムや手技やストレッチなどで筋緊張を軽減させたりテーピングを貼り痛みを和らげていきます。
次に原因となっている扁平足や筋力不足がある部分にはエクササイズやストレッチを行い患部の筋肉に負担がかからない動きが出来るようにします。
シューズに原因がある場合では正しいシューズ選びやインソールを入れていただく事により痛みの軽減や再発予防にもなります。

かかとの痛み

かかとの痛みで良く見る症状としてはかかとの裏に痛みが出たり、成長期の子供に多いアキレス腱のくっついている所が痛くなる「シーバー病」などがあります。朝の起床時の歩き出しの痛みが強かったり、かかと部分を押すと激痛が出るのが特徴です。かかとの裏や「シーバー病」で痛みが出る原因としては足の裏が扁平足になっていて、歩行時に地面との衝撃吸収が効率よく行われない為に起きたり、ふくらはぎや足の裏の筋肉が硬くなってかかとの骨を引っ張ってしまったり、体重増加により負担が増えるなど様々です。

🏥治療法

まずは足の裏やふくらはぎのストレッチを徹底的に行い、患部には手技を行って超音波治療器を当てたりテーピングを貼り、痛みを和らげていきます。次に原因となっている扁平足や筋力不足がある部分にはエクササイズを行い患部に負担がかからない動きが出来るようにします。シューズに原因がある場合では正しいシューズ選びやインソールを入れていただく事により痛みの軽減や再発予防にもなります。

スポーツをがんばるお子様の親御様・指導者の方へ

スポーツをしていて、「いつも同じところを痛めている」「うちの子はケガをしやすい」などと感じたことはありませんか?
あまりピンとこない方が多いのですが、その痛み・ケガの原因はスポーツの時だけでなく、実は普段からの姿勢・歩き方・物の持ち方などのちょっとしたクセと無関係ではありません。そこを改善していかなければ、同じケガを繰り返すだけでなく、人体は無意識に悪い部分をカバーするようにバランスを取ろうとするので、正常な部位に大きな負担をかけてしまい悪い連鎖が起こってしまいます。

ケガをした時は体と向き合うチャンスです。なぜ痛めてしまったのかということを追及し、体の使い方の改善を一緒にしていきましょう。特に小学生くらいのお子様は今後の体づくりや運動能力を左右する大切な時期です。お悩みを持つ多くの親御様方のお力になれるよう当院では専門家としての治療・アドバイスをさせていただきますので、気になることがあればいつでもご相談ください。

また、通院中のお子様に限らず、当院ではクラブチーム・部活動等の練習や試合時のケア・救護・コンディション指導(ストレッチ・アイシング処置・指導など)もお引き受けしております。(※水曜日午後・日曜日のみ)
ご希望の場合は診療時間内にご連絡ください。

ページトップへ戻る